SUGI製作所

音楽機材やスマホアプリ開発のネタが中心です。

M1 Macbook Airでfireface400が使えた

M1ではIEEE1394機器はもう使えないだろうと思っていたけど、さすがRMEということで使えました。

 

必要なもの

  • Thunderbolt3-Thunderbolt2アダプタ
  • Thunderbolt2-firewire800アダプタ
  • firewire800-400アダプタ

 

 

 

 

3段変換

f:id:sugi770:20220506090502j:image

 

3つ繋げたところ(appleのアダプタってどれも固すぎ...)

f:id:sugi770:20220506090525j:image

f:id:sugi770:20220506090618j:image

 

さすがにバスパワーではパネルがチカチカ点滅するのみで動きませんでしたが、外部電源駆動にしたらOK。

f:id:sugi770:20220506090847j:image

 

ドライバとインストール方法はsyntaxのサイトにあります。

https://synthax.jp/m1-mac-install.html

 

上手くいくとTotalmixが起動して使えるようになります。

f:id:sugi770:20220506091417j:image

しょんぼりスペックのNUCにvolumioを入れてみた

Volumioにした理由

以前PentiumのNUCを購入したのですが、これがとんでもなく遅くて全く使い物にならないため、どうにかしたいと思っていました。

メモリ8GBでSSDにはしていたのですが、windows10ではどうしようもないくらいCPUが足りないのでwindows以外のOSを入れてみようと色々調べ、ラズパイで良く使われているvolumioのx86版があるということで試してみることにしました。

ラズパイ用OSならロースペックでも軽いだろうということと、volumioはスマホなどのブラウザから操作可能だということが決めてです。

これ系のOSは音も良いようです。

windowsが入っているSSDはそのままとっておくため、余っていたHDDにOSを入れることにしました。

再生するファイルはUSBメモリに入れます。

 

インストール手順

  1. USBメモリに音楽ファイルを入れる
  2. HDDを外付けUSBケースに入れて接続
  3. volumioのx86版をダウンロード
  4. EtcherでHDDにOSイメージを書き込む
  5. 電源を落とし、HDDを組み込む
  6. 電源を入れる(HDDが遅いのかCPUが遅いのか起動に結構時間がかかるので待つ

f:id:sugi770:20220214044320j:image
f:id:sugi770:20220214044304j:image

 

ネットワーク

手っ取り早く有線LANで繋ぎました。

 

オーディオ出力

NUCにはピンタイプの光出力が付いていたのですが、ケーブルが悪いのか設定が悪いのか使用できなかったので、FX-AUDIOのFX-D03Jを購入しました。

ちょうどチップが変わったところだったので新型を注文しました。

FX-AUDIO- FX-D03J USB バスパワー駆動DDC USB接続でOPTICAL・COAXIALデジタル出力を増設 ハイレゾ対応 光 オプティカル 同軸

f:id:sugi770:20220214041931j:image

f:id:sugi770:20220214044525j:image

f:id:sugi770:20220214044508j:image

192kHzで出力したいならFX-D03J+にしましょう。

 

ブラウザコントロール

スマホ等でhttp://volumio.localにアクセスすると画面が表示されます。

ホーム画面やブックマークに登録しておくと次からが楽です。

ブラウザから設定変更も可能です。

ブラウザで表示出来たらHDMIでの画面表示をやめてOKです、HDMI表示をやめると音質が向上するようです。

 

設定

アルゴリズムはvery highでも問題ありません。

リサンプリングはONで24bit、周波数はnativeにしています。

 

まとめ

使えないPCがオーディオプレイヤーに生まれ変わりました。

DDCからはmarantzのNR1200に接続しています。

NR1200にはHEOSという機能があってオーディオプレイヤーとして使用出来るのですが、これがまた本当に使いにくいのでそこが改善出来てよかったです。

 

 

PS5にUSBDACを接続してアナログ出力追加

僕のゲーム環境では音声をミキサーにまとめていて、PS4では光出力をRCAに変換して接続していたのですが、PS5には光出力が無い!ってことでUSBのDACを使用することにしました。

このDACはなんでも良いわけではなく、USB Audio Class1.0に対応している必要があります。

 

PS4で使っていたDACはこんなやつです。

f:id:sugi770:20220214034626j:image

BLUPOW 192KHz対応 デジタル(光&同軸)→アナログ(RCA) オーディオ変換器 DAC オーディオコンバーター 光デジタル アナログ 変換器 同軸 変換 Digital to Analog Converter 光ケーブル付き VA17

 

届くまではコントローラのヘッドホン出力から繋いでました。

折角ワイヤレスなのに有線コントローラ状態ですね。

f:id:sugi770:20220214031913j:image

audio-technica GOLD LINK Fine オーディオ変換ケーブル ピン×2 - ステレオミニ 1.0m AT561A/1.0

 

購入したのはFX-AUDIO FX-00Jです。

FX-AUDIOはとても安いのですがしっかりしており安心感があります。

f:id:sugi770:20220214031628j:image

 

必要最低限なところもよし。

f:id:sugi770:20220214031720j:image

 

PS5のUSBポートに繋ぐだけで認識してUSBヘッドホンとして使用可能です。

付属のケーブルだと短すぎたので別なものを使用しています。

f:id:sugi770:20220214031513j:image

f:id:sugi770:20220214031523j:image

音量はMAXにしておいた方がいいでしょう。

f:id:sugi770:20220214031601j:image

 

RCAで接続すれば音が出ます。

f:id:sugi770:20220214031802j:image

MACKIE マッキー アナログミキサー 802VLZ4 国内正規品

 

FX-00Jは2000円台で購入可能ですが、安定して使用できています。

PS5に光やアナログ出力が無くて困っている人には本当におすすめです!

 

 

光出力が欲しい方にはFX-D03J GAME editionがおすすめです。

 

Guitar Pro7.6セール情報

ギター練習用ソフトの超定番Guitar Pro最新版7.6がADSR Soundsで40ドルと超安値でした。

www.adsrsounds.com

f:id:sugi770:20211227100336p:image

LoFi Pitch Dropoutなんていうプラグインもついでにもらえます。

 

購入時にアカウントを作成したつもりが作成されておらず、大丈夫か不安になりましたが、購入メールのリンクからインストーラをダウンロードして起動時にライセンスコードを入力したら無事アクティベートできました。

 

起動したら7.5でしたがアップデートあり。

f:id:sugi770:20211227225458j:plain

 

アップデートが完了し7.6になりました。

f:id:sugi770:20211227225657j:plain

xiaomiの電動空気入れを使ってみました

車のタイヤの空気入れ用にxiaomiの電動空気入れを購入しました。

 

電動空気入れは色々あって迷ったんですが、自転車を買った場合にも使えそうな充電式のコンパクトなものにしました。

謎メーカーだと不安ですがxiaomiならちょっと安心だというのもあります。

 

iPod

f:id:sugi770:20210922153327j:image

 

内容物

f:id:sugi770:20210922153347j:image

 

底面

f:id:sugi770:20210922212140j:image

楽天のどこでもネットというお店で購入したら嬉しいことにUSB-Cバージョンでした。

下の方の商品説明にはUSB-Cと記載されていますね。

写真には載せていませんがUSB-Cケーブルが同梱されていました。

micro-USBからUSB-Cに変わっており、市場には両方が混在しているので、なるべくUSB-Cのものを購入した方がいいと思います。

 

f:id:sugi770:20210922153551j:image

左 LEDライトON/OFF

右 圧力設定選択(psi,bar)

上下 数値設定

中 決定、空気入れ開始

 

音はそれなりにしますがそれほどではありません、VWの車載コンプレッサーと比べたらだいぶ静かです。

 

設定値より若干高めで止まるようです。

2.6bar設定で入れて2.6barを少し超えたところで止まりました。

エーモンのエアゲージで測ってみたところ精度も問題ありません。

エーモン(amon) エアゲージ スタンダードグレード ゲージ径φ51mm ソフトケース付 8821

 

f:id:sugi770:20210922212359j:image

見た目もいいし実にコンパクトです。

これからは家でこまめに空気圧の調整をしようと思います。

持ち運びもしやすいので自転車で使うのにもおすすめです。

エーモン エアゲージ スタンダードグレード

車のタイヤの空気圧が減っている感じがしたので、チェックの為にエアゲージを購入しました。

ペンシルタイプを持っていましたが、精度に不安があったので、ちょっとよさげなこれを新しく購入しました。 エーモン(amon) エアゲージ スタンダードグレード ゲージ径φ51mm ソフトケース付 8821

 

f:id:sugi770:20210921050645j:image
f:id:sugi770:20210921050648j:image

ソフトケースに入っています
f:id:sugi770:20210921050643j:image
f:id:sugi770:20210921050650j:image

丈夫そうな雰囲気

 

f:id:sugi770:20210921050929j:image

適正値
f:id:sugi770:20210921050931j:image

タイヤが冷えてから測定してみました。

写真は左リアですが減りすぎですね(汗)

全体的に20%ほど減っていました。

 

製品説明そのままですが、エアー漏れもほぼ無いし、針が止まるのも便利だし、リセットボタンも便利ですね。

ちなみにペンシル型はエアー漏れまくりでした。

 

とりあえず車載していたパンク修理キットの空気入れで空気を入れました。

250kpaまでしか入らないので、フロントはそこまでしか入れられませんでしたが、確実に効果はありました。

  • 走りが軽くなった
  • 乗り心地がよくなった
  • 走りが安定した

 

これからはちょこちょこ測って管理しようと思います。

修理キットの空気入れを使い続けるのは心許ないのでこれを注文しました。

 

 

SONY WF-1000XM4安定再生の為に

電車等、外でWF-1000XM4を使用すると接続が不安定だったり再生速度が変化したりでなんじゃこりゃという状態でしたが、安定させる方法を見付けましたので書いておきます。

※pixel3a android11での内容です。他の機種では変わる可能性がありますのであしからず。

 

LDACの接続設定をベストエフォートにする

まずは開発者向けオプションを使用可能にします。

https://developer.android.com/studio/debug/dev-options?hl=ja

開発者向けオプションが使用可能になったら、

設定→システム→詳細設定→開発者向けオプション→Bluetooth オーディオ LDAC コーデック→ベストエフォートを選択します。

 

ハイレゾのファイルはAmazon Musicアプリで再生しない

WF-1000XM4との組合せでローカルのハイレゾファイルを再生中に再生速度が変わることがあります。

面倒ですが、自分で入れた曲とストリーミングとで再生アプリを変えましょう。

sonyのMusic Centerアプリ等を使用して再生すると問題無く再生出来ます。

 

 

これで外でもかなり安定して使えるようになりました。

 

WF-1000XM4レビュー

WF-1000XM4レビュー

WF-1000XM4発表と同時に予約して購入しました。

供給不足中なので発売日には届かないかもしれないと思っていましたが、無事初回出荷分に入っていたようです。

 

 

WF-1000XM3との外見比較

黒がWF-1000XM4です。
f:id:sugi770:20210626235321j:image

XM4のケースはかなり小さくて軽いですね。

 

f:id:sugi770:20210626235335j:image

自立するようになりました。


f:id:sugi770:20210626235345j:image

イヤホンを固定するマグネットも強くなった感じがします。


f:id:sugi770:20210626235432j:image

形状が大きく変わりました。


f:id:sugi770:20210626235445j:imagef:id:sugi770:20210626235511j:image

丸く小さくなりました。

イヤーピースもコンプライのような低反発タイプに変わっています。

 

音質

Pixel 3aのAmazon Music HDにて色々再生してみました。

音の分離感が素晴らしく、レンジが広いと感じました。

モニター的だというレビュー記事もありましたが、この分離感によるものでしょう。

 

チップが新しくなったことで解像度とアンプが良くなったことが分かります。

XM3から一皮剥けた感じです。

 

僕はギターを弾くので、歪ませたギターの音が気持ちよく聴こえるかを重視するのですが、XM4はエッジの効いたいい音がします。

LUNA SEALUV Uでのゴリゴリしたベースの再生もいい感じです。

STYLE(DVD付)

STYLE(DVD付)

  • アーティスト:LUNA SEA
  • ユニバーサル
Amazon

 

 

フルワイヤレスの最高峰であることは間違い無いでしょう。

下手な有線イヤホンは蹴散らしてしまいます。

 

XM3との比較

XM4で聴いたあと、XM3でも聴き直してみました。

十分良い音ではありますが、レンジが狭くなった感じがします。

 

LDAC

f:id:sugi770:20210626235530j:image

Amazon Music HDで再生中。


f:id:sugi770:20210626235541j:image

Android11開発者オプションのBluetooth設定です。

ここでもLDAC音質優先にしておきました。

 

その他

使用しているイヤーピースが合っているかをheadphone connectアプリで確認することが出来ます。
f:id:sugi770:20210626235549j:image

 

ZX300はAACに対応していなかった為、XM3と接続して使うことはあまり無かったのですが、これからはLDACでガンガン使えます。

iPhoneユーザーはZX507等のLDAC対応機を使用すれば全力を出せます。

LDAC対応であれば安いAndroid機でもいいでしょう。

 

 

まとめ

念願のLDAC対応、ハードとソフトの進化により完璧なフルワイヤレスイヤホンになりました。

いい音のワイヤレスイヤホンが欲しかったらこれを買っておけば間違い無いと言い切れます。


 

Amazon music HDの年払い分を日割りで返金してもらった

Amazon music unlimitedを契約している人は無料でHDにアップグレード出来るようになりましたね。

 

私はHDの分も先に年払いしているのですが、そのことの記述が見当たらなかった為、カスタマーサポートにチャットで聞いてみました。

 

結果、HDはサポートの方でキャンセルしてもらい、日割り計算で返金されることになりました。

 

HDがキャンセルされたらunlimited契約状態になっていたので、HDに無料アップグレードしました。

 

こちらから何も言わないと多分返金はされないと思います。

HDの更新まで残り日数がある場合はキャンセルで返金してもらいましょう。

鈴木みのり上ミノの初回限定盤がタイムセール中!

 2ndアルバム初回限定盤がタイムセールですごい安くなっています。

メガジャケも付いてました!

最近マクロスΔを見てすっかりワルキューレにハマった自分にはグッドタイミングでした。

ただこのCDに関しては音質は悪くないんですが演奏が少し安っぽいですね。

 次回作はもっとクオリティの高いバッキングを期待します。

 

鈴木みのりは声も歌もとても良く、普通のアニソン歌手とは違うように思えます。

ずっと聴いていられるというか聴いていたくなるというか。